So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の中の売国奴 [ゴミ箱]

昨日、日本の出版社「第三書館」が、イスラムの預言者ムハンマドを侮辱する風刺画を転載した書籍を出版という記事をご紹介したところだ。

日本人二人がISISに殺害され日本国民がISISに対して怒りを覚えている。

ISISは世界各国から非難されまたイスラム教徒からもイスラムの教えから逸脱した集団だと非難されている。

そんな中、イスラム教を侮辱し、イスラム教を敵視させるような扇動が許されていいのか。

フランスでも風刺画を描いたことでテロがあり、表現の自由をはき違えた者が再び風刺画を描くといった騒動が起きている。そのフランスの週刊紙シャルリーエブドで掲載された風刺画など、預言者の神聖を侮辱する風刺画を転載した書籍を第三書館が出版。書籍は販売しないということで収まっているが、印刷しただけでも許すことができない。

販売はしないと表明はしているが、それは「書店では販売しない」ということで、いずれネットオークションで取引がされるに違いない。

日本人の中に金のために日本人の矜持を売る者がいるということだ。こういう輩を売国奴というのだろう。


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。