So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ空母、日本ではなくインド洋に移動 [国際]

トランプ大統領の指示により、軍事力を誇示するために日本海派遣されたアメリカの原子力空母が、インド洋に向かっています。

4bmw3b1d536e6dph64_800C450.jpg

タスニーム通信によりますと、アメリカ政府は先週、北朝鮮の脅威に対抗する上でトランプ大統領の選択肢を広げ、軍事力を誇示するため、原子力空母を日本海に派遣したと発表しました。

しかし、現在アメリカの報道各社によれば、空母カールビンソンと3隻の艦船は、アメリカ政府の発表とは正反対の航路を進んでおり、オーストラリア海軍との合同軍事演習に参加するため、インド洋に向かっているということです。

一方、アメリカの政府関係者は18日火曜、アメリカの新聞ニューヨークタイムズのインタビューで、こうした矛盾が生じた理由について、日本海への艦隊の派遣時期について誤った発表がなされたことや、アメリカのマティス国防長官の説明の一部に誤りがあったことなどを挙げています。(引用IRIB 2017年04月19日18時58分)

************************************

(落書き)

日本海に続々派遣された米艦隊だが、北朝鮮にとって一番脅威となるカール・ビンソンがインド洋へ向かっているという報道。アメリカは4月末に北朝鮮に再照準を合わせているのだろうか。

日本の報道各社はシリアに対して米国が攻撃したから、今度は北朝鮮を攻撃するだろうと予測し、北朝鮮が攻撃されれば、報復でミサイルが日本の米軍基地に向け発射されるのではないかと報じている。

その前に、窮鼠猫を噛むことを想定してはどうか。もちろん、日本に向けミサイルが飛んでくる可能性は高い。それ以前に米国本土は大丈夫なのか。

北朝鮮はVXを所持している。マンハッタンにVXをまかれただけで世界経済が大混乱に陥るのではないのか。何もミサイルを飛ばさなくても、工作員によるテロで可能だ。あるいは、潜水艦で米国本土近くで風に乗せてVXガスをまき散らすという方法もあるだろう。

VXに限らず、通常爆弾によるテロの可能性もある。

世界経済の中枢がテロによって機能停止することによる経済混乱のほうが恐ろしい。

ミサイルで人は死ぬが、ミサイルでなくとも人は死ぬ。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。