So-net無料ブログ作成
検索選択

北朝鮮が弾道ミサイルの発射実験 [国際]

4bmu2695053a4fnd12_800C450.jpg

 

北朝鮮が弾道ミサイルの発射実験を行いました。             

韓国・ヨンハプ通信によりますと、韓国軍は声明の中で、「北朝鮮は弾道ミサイル1発を現地時間の5時半に、ピョンヤン南部から北東に向けて発射した」と発表しました。

韓国の統合参謀本部は、「まだこのミサイルがどれほどの距離を飛行したか明確ではないが、この実験は失敗した」と語りました。

北朝鮮は今月16日にも東部沿岸のシンポでもミサイル実験を行いましたが、この実験も失敗に終わっています。

北朝鮮のミサイル実験は、アメリカのティラーソン国務長官が国連に対し、北朝鮮への圧力強化を求めた後で行われました。

また、28日金曜の国連安保理会合は、アメリカの代表の要請に基づき、北朝鮮の核・ミサイル計画を検討するためにニューヨークの国連本部で開催されました。

中国の王毅外務大臣は、この会合の傍らでのインタビューで、「一定のレッドラインに基づき、中国はアメリカ・韓国の北朝鮮との戦争を認めない」と強調しました。

さらに、今必要なことは中国で6カ国協議を開催し、この地域の危機解決に向けた対話や外交的手段に集中することだ、としました。

この発言と同時に、中国外務省も声明の中で、すべての関係国に対して自制を示し、状況を悪化させないよう求めました。

また、国連安保理に対し、地域の平和と安定の必要性を考慮しつつ、問題に対処するよう求めました。

朝鮮半島情勢は、現在もアメリカの北朝鮮に対する敵対政策と一方的な挑発行為により、非常に緊張が高まっています。

アメリカは北朝鮮の核計画が各国の平和と安定にとっての深刻な脅威だとしています。

アメリカは常に、北朝鮮に対して核実験や軍事的な実験を停止するよう求めています。

北朝鮮は繰り返し、アメリカとその同盟国の北朝鮮に対する脅迫が続く限り、軍事力の強化を続けると強調しています。(引用 IRIB 2017年04月29日18時56分)

********************************

(落書き)

北朝鮮がまたミサイルを打ち上げて失敗した。

威嚇行為で打ち上げるだけなので、失敗しても差し支えないと考えているはずだ。

もったいないから核やVXを弾頭に装填していない。

ミサイルがどこの場所でそれが移動式か固定式発射台から発射されたのかまで報道は伝えていないのでわからないが、発射された場所を米軍にわざと記録させる狙いがあるのかもしれない。

北朝鮮が核実験をすれば米軍は北朝鮮を攻撃することになる。

マークされたミサイル発射施設を米軍が攻撃することによって核が爆発するようセットしているかもしれない。

核が爆発すれば北朝鮮の被害は甚大となると考えられるが、韓国や日本にも被害が及ぶ。

なぜならば、偏西風で核物質が飛来するからだ。

もし、38度線の近くに核施設があり、米軍の攻撃で核爆発が起きれば、北朝鮮の核による被害は限定的となる。一方で韓国や日本は核物質の飛来で汚染されることが明白である。日本では福島原発事故の核汚染の再来となるだろう。

北朝鮮の核について真剣に考えなければならないのは、韓国であり、日本であるはずだ。

大統領不在の韓国はどうにもならないが、日本は北の核についてもう少し熟慮すべきである。

大陸間弾頭ミサイルが完成するのを一番恐れているのは米国でしかない。

戦争には犠牲がつきものだという米国の勝手な論理で戦争が始まろうとしている。

日本はそれを良しとするのか。

米国主導の北朝鮮叩きにより、被害が出るのは日本である。

北朝鮮からのミサイル飛来ではなく、核物質の飛来により日本の国土が何十年と汚染され荒廃することを真剣に考えなければならないのだ。

米国主導によって作られた憲法を平和憲法だとして護持を叫んだ国民が原発反対と叫んで行動したがために、福島原発事故の後始末が遅れ、核事故対応の技術研究もさせなかった。

この代償は日本人自らが支払わなければならないのだ。

そんなことを思わせてくれた張りぼての北ミサイル失敗に感謝する。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。