So-net無料ブログ作成
検索選択

中国が、南シナ海地域にロケット弾の発射台を設置 [国際]

4bk76ee34874d6b50j_800C450.jpg

中国軍が、南シナ海地域にロケット弾の発射台を設置したとしました。

イルナー通信によりますと、中国は18日木曜、声明を発表し、「他の地域諸国との領有権対立の対象となっている、南シナ海のスプラトリー諸島周辺にロケット弾の発射台を設置した」と表明しています。

このロケット弾の発射台は、敵の戦艦を探知する高い能力を有し、これらを追跡して標的にすることができるということです。

同時に、日本とアメリカは中国を非難し、「中国は、南シナ海で軍事活動を行っており、この海域での中国の行動により船舶の航行が制限されるとともに、航空機の飛行の自由が妨害される」としました。

南シナ海は、世界でも重要な船舶の航路とされ、豊かな天然資源が埋蔵されています。

なお、現在中国以外にもベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイも南シナ海の全域或いは一部の領有権を主張しています。(引用 IRIB 2017年05月18日19時18分)

************************************

(落書き)

なんと、中国もやってくれました。

北朝鮮の核が気になっているところではありますが、

中国がどさくさに紛れて威嚇のための兵器設置をしたとの情報。

米国が韓国に設置したTHAADについて撤去するよう韓国ムン大統領に耳打ちしたと思ったら、速攻でやってくれました。

中国の覇権主義は東南アジアでの紛争のための準備で、北朝鮮の核より始末が悪い。

これで、ちょっとした紛争が南シナ海で起これば第三次世界大戦の誘因になりかねない。

朝鮮半島も最低だが、中国もえげつない。

共産主義、社会主義国と呼ばれる国は民度が低くなるようだ。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。