So-net無料ブログ作成
検索選択

新大統領が就任しても韓国は変わらない [国際]

韓国が建国されるまでの歴史を簡単に振り返る。


大日本帝国と大韓帝国は1910年(明治43年)に韓国併合条約を締結した。これにより大東亜戦争が終結する1945年まで朝鮮半島を日本が統治した。


大東亜戦争は1939年から1945年までである。


大東亜戦争では日本軍の志願兵募集に朝鮮人が応募し、日本軍将兵として戦った。そして2万1000柱の朝鮮人英霊を靖国神社に祀った。朝鮮人(朝鮮半島人)は日本人とともに連合国と戦った。


1945年から1948年まで連合軍(米国による)により統治された。


1948年8月韓国、同年9月に北朝鮮が建国された。


1950年6月、北朝鮮が38度線を越境したことから朝鮮戦争勃発。1953年7月27日休戦となった。


ここから韓国の狂喜乱舞が始まる。


1948年に初代大統領に就任した李承晩は、日本から戦争賠償金を獲得するために対日戦勝国である連合国の一員であるとする立場を主張し対日戦勝国としての地位認定するよう連合国に要求したが、連合国からは最終的に認定を拒否され、1951年の日本国との平和条約を締結することができなかった。そのため、李承晩は李承晩ラインの設置(1952年)や竹島の占拠(1953年)によって一方的に武力で日本の主権を奪う政策に出た。


韓国が国家として独立したのは1948年8月以降である。韓国は日本といつ戦争をしたのか。否である。大東亜戦争で連合軍を敵として戦っていたのは日本軍と日本軍の募集に応募した朝鮮人兵士ではないか。


連合国共同宣言にも署名していない韓国に戦争による賠償請求など発生することは永遠にない。

大東亜戦争における朝鮮人兵士の英霊が靖国神社に祀られることが韓国にとって不都合なだけでしかない。

韓国の反日運動の潜流は単なる賠償金目当てでしかない。


韓国は初代大統領李承晩時代から日本の資金を貪るために存在するという歪んだ国だ。

大統領が新しく変わろうが、韓国の本質は変わることがないのだ。

国民は他者への期待、失望、反逆のループの環境の中に常に置かれているため、民族主義や自己主張が激しく、期待と失望が激高し反逆的行動を繰り返す。

それは韓国が李承晩らによって歪められた歴史認識を基軸とした呪われた憲法を今なお信奉しているからではないかと怪しんでいる。


かくして、韓国は日本に対し恩を仇で返し、資金を貪る変節民主主義国となってしまったのである。

韓国の大統領が新しくなっても国民の潜流にある変節儒教の意識が変わることがないので、反日政策を続行することとなる。始末に負えない国家である。



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

韓国新大統領が就任の宣誓 [国際]

4bmx8a852600e9qc60_800C450.jpg

韓国のムン・ジェイン新大統領が、就任の宣誓を行いました。  

ロイター通信によりますと、ムン氏は、大統領選挙で勝利した翌日の10日水曜、国会で就任の宣誓を行いました。

韓国選挙管理委員会は、「ムン氏は大統領選挙で40.1%の支持を獲得し、当選した」と発表しました。

ムン新大統領は、宣誓式の後、北朝鮮との協力方法やアメリカのミサイル迎撃システムTHAADの配備の見直しに関する用意を示しました。

ムン氏は、北朝鮮の核・ミサイル計画について、キムジョンウン朝鮮労働党委員長と会談を行う用意を示しました。

さらに、THAADの韓国配備問題について、中国やアメリカと話し合う用意があることを明らかにしています。

ムン氏は選挙戦の中で、大統領に就任したら、北朝鮮との関係を改善し、THAADの韓国配備についても見直すと約束していました。

中国の習近平国家主席は、ムン氏に祝辞を送り、韓国との対立の解決を求めました。

アメリカの新聞ワシントンポストは、北朝鮮との協力に関する韓国新大統領の見解に触れ、「この問題は、アメリカと韓国の関係を悪化させる可能性がある」と伝えました。

韓国大統領選挙は、パククネ前大統領の罷免を受け、早期に実施されました。(引用IRIB 2017年05月10日17時01分)

**************************************

(落書き)

どれどれ、手相を見てしんぜよう。

4bmx8a852600e9qc60_800C450.jpg

おお!百握りの手相。政治家にはあったほうが良いといわれる感情線が真横にまっすぐ伸びている。

しかし、生命線が短い。生命線の隣の運命線と頭脳線が判別がつかないが、運命線なら短い。

大統領の命は短いのかもしれない。

と素人に言われたくなければ、人前で手のひらを出すのをやめたほうが良い。

ついでだから、トランプ大統領の手相も見よう。

4bmt905fca2645lq6v_800C450.jpg
ご丁寧に両手を見せてくれている。
向かって右(大統領の左手)を見ると、やはり百握りの手相。しかも、生命線が長い頭脳線もはっきりしており、かなり頭脳明晰な手相だ。指の下にふくらみがあり、そのふくらみの谷に線があることが判断され、小指と人差し指に向かっているものと思われる。仕事運もはっきりしており財産を形成した手相である。
向かって左(大統領の右手)には百握りの手相はない。一般的な手相だが、しわがはっきりしている分、意見をはっきりという性格であり、行動力のあることが分かる。
4bmx2877255fb1pyte_800C450.jpg

 またまた、ついでに金正恩の手相。

感情線が途中で切れている。百握りではないから、部下がついてくる手相ではない。国のトップとしてはいかがなものかという手相。頭脳線は親指の付け根の上から水平にガイドラインを引いた位置より上で止まっているから、頭脳明晰とは言えない。多言語を話すことができるのと頭脳の良し悪しは別だ。運命線がまっすぐ上に伸びていて良いが、これは親の七光りも影響しているといったところか。他の線が薄いのは意志薄弱だと見える。生命線はあることはわかるがはっきり見えない。飽食の結果、生命線が途中で消えているのかもしれない。なにより、手のひら全体が赤身をおびているので、これは酒の飲みすぎで肝臓が壊れかけているのかもしれない。斬首作戦をしなくとも早々に病死するかもしれない。

韓国ムン大統領と北朝鮮金正恩の生命線が短いだけでも朝鮮半島問題にわずかな希望が持てる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog