So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国新大統領が就任、アメリカと韓国の関係が悪化する可能性 [国際]

アメリカの新聞、ワシントンポストが、北朝鮮との協力に関する韓国新大統領の見解に触れ、「この問題は、韓国との関係における緊張を高める可能性がある」と報じました。

4bkc1c6ba2d3dajgy4_800C450.jpg

ワシントンポストは、9日火曜、「韓国のムン新大統領は、アメリカとの関係に対して慎重な見方を持ち、北朝鮮との関係の改善を求めている」と伝えました。

さらに、「北朝鮮との関係に関する韓国新大統領の見解は、アメリカとの関係をこじらせる可能性がある」としました。

共に民主党のムン氏は、9日に大統領選挙の勝利を宣言しました。

この勝利により、韓国では保守政権による10年の統治が幕を閉じました。

アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮に対する最大限の圧力行使を求めている中で、韓国では、北朝鮮との協力を約束する大統領が就任しました。(引用IRIB 2017年05月10日18時05分)

*********************************

(落書き)

ワシントンポストの引用だが「北朝鮮との関係に関する韓国新大統領の見解は、アメリカとの関係をこじらせる可能性がある」とした。と米国の懸念を伝えている。

米国の懸念はTHAAD配備計画の見直しをされることである。北朝鮮ばかりでなく中国に対するけん制効果がなくなるからだ。

もう一つは、北朝鮮と対話することで、北朝鮮に操られる危険性がでたこと、また、米中の対話の中に韓国が入る形となり、中国からも操られる危険性があることだろう。

結果的に北朝鮮が核実験を行った際に、直ちに攻撃ができなくなってしまうのではないかという懸念がある。

韓国における北朝鮮工作員に対する暗号放送は韓国新大統領を当選させるよう工作せよ、万が一それ以外の者が大統領となった場合は韓国国内でテロを実行するよう指示したのかもしれない。

韓国にムン政権ができたことは、北朝鮮の首がかろうじてつながったことを意味する。それは、米国にとって北朝鮮攻撃のための大きな障害となるに違いない。

韓国ムン新大統領は米国にいくつのノーを突きつけてくるのか、今後明らかになる。

3手先を読めば、ムン大統領のノーの数が多くなり、米国はムン大統領の斬首計画を立てるかもしれない。そのような機運になれば北朝鮮がムン大統領を暗殺し、米国がやったように見せかける可能性もある。米軍は日本海から撤退を余儀なくされる。

いずれにせよ、米国は韓国ムン大統領の登場により、北朝鮮に重要な駒を与えてしまったのではないかと考えているに違いない。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本首相が韓国新政権と協力する用意を表明 [国際]

4bmxe997b7b084qdyk_800C450.jpg

日本の安倍総理大臣が、韓国の新政府とともに、北朝鮮の核問題の解決に必要な協力を行うとしました。

イルナー通信によりますと、11日木曜、安倍首相は参議院で、政府は韓国の新政府に対して、あらゆる協力を惜しまず行うとしました。

また、ムン大統領に対して、様々な問題に関する合意を守るよう求めました。

ムン新大統領は、10日水曜、大統領選挙での勝利後、韓国の国会で就任宣誓を行い、就任式の後、北朝鮮の核・ミサイル計画について、北朝鮮労働党のキムジョンウン委員長と会談を行う用意があるとしました。(引用 IRIB 2017年05月11日18時26分)

*****************************

(落書き)

各国から韓国の新大統領ムン氏に電話がかかってきたり祝電などが届いているのは世辞に過ぎない。

安倍総理も電話会談をしたと報道された。

慰安婦問題についてムン大統領はウジャウジャと言ったらしい。

そもそも韓国は建国からして怪しい。上海あたりで政治活動をしていた李承晩が半島に戻り初代大統領となって日本から賠償金を詐取しようと企て今日に至る。

ムン大統領は北朝鮮には太陽政策で訪朝したいと言っているし、高高度防衛ミサイルシステム(THAAD)も反対している。

竹島(韓国呼称=独島)へは選挙前に上陸して韓国民の人気取りをしている。

また、慰安婦問題では慰安婦像を設置することに積極な大統領である。

反日韓国大統領に安倍総理が電話をしたのは世辞に過ぎない。

米国が先日韓国に搬入したTHAADを撤回するようなことになれば、米国は在韓米軍とともに撤退するだろう。そして、在留米国人には帰国命令がなされるに違いない。そして、韓国から撤去したTHAADは日本に再び設置されることになる。

北朝鮮にとって韓国は休戦中の敵国でしかない。中国も米国と取引をしており米国同様の敵となり、ロシアも静観するから頼る隣国はない。

こんな状況になれば、北朝鮮は核実験を強行する。そして、最終的にミサイルをソウルに打ち込む。

そういったシナリオは容易に見えるのに、ムン氏は自ら時限爆弾を抱えて韓国新大統領に当選してしまった自爆テロ大統領と言ってよい。

口は災いのもとである。

安倍総理は今回、在韓邦人の救出のために自衛隊の航空機や船舶の受け入れを要請する必要があるから電話でコネをつけただけだ。慰安婦問題は解決しないのを承知している。

それと同時に北朝鮮に拉致された日本人の救出も行う必要があるだろう。米国も逮捕された民間人を救出する任務がある。それに一定の目途がついた時点で米国が攻撃を開始するのだろう。

米国の作戦にはタイムラグが発生し、結果的に韓国を見捨てる形となり、北朝鮮の侵攻を許してしまうことになるに違いない。

それゆえ、第3次世界大戦までは拡大せず、第2次朝鮮戦争という形で展開し終結するのではないかと思われる。

仮に北朝鮮のミサイルが日本に着弾するかもしれないが、それは米軍基地を抱える限定的なものとなる。そして、それらのミサイルは迎撃できる可能性が高い。だから日本の被害は想定されたものより少ないかもしれない。

まず、韓国が焦土と化し、次に北朝鮮が攻撃されて大東亜戦争が終結した時と同じような状況に戻る可能性がある。

その時こそ、新しい半島に良識ある平和な国が築かれるのかもしれない。

誇大妄想に過ぎないだろうか。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog