So-net無料ブログ作成
検索選択

先進国で、不公正と貧困が拡大 [社会]

先進国での調査の結果、これらの国で不公正と貧困が拡大していることがわかりました。a4b3954c52e1a98964ee24819f4a5f64_L.jpg


IRIBが10日火曜伝えたところによりますと、フランスのインターネットサイトの調査結果によれば、アメリカの貧困率は24%だということです。
平均収入の50%を貧困の基準とすると、アメリカは17.1%の貧困率により、先進国でワースト1となっており、その後、ギリシャが15.2%、スペインが15.1%と続いています。
デンマークは貧困率6%で先進国の中で貧困率が最も低い国となっています。
ヨーロッパ諸国の中ではギリシャがワースト1となっています。
この調査によりますと、社会的不平等や不公正は今も世界を圧迫しており、世界のおよそ10億人が貧困ラインの1日1ドル25セント以下で暮らしています。
開発途上国、及び新興国の人口のおよそ16.7%が貧困ライン以下で生活しています。<引用 iran Japanese Radio 2015/02/10(火曜) 21:45  


<落書き>

貧困に関する記事で米国が貧困率17.1パーセントで先進国第一位だという。

「平均収入の50%を貧困の基準とする」というから大雑把な数値である。

①100万ドル(1$=120円として1億2000万円)稼ぐ者が2人いて10000ドル(120万円)の者が1人、この3人の収入を単純平均すれば2,010,000÷3=67,000ドルとなり、その貧困基準50パーセントは335、000ドル(≒4000万円)となる。

②100万ドル1人、10万ドル1人。10000ドル1人では平均が1,110,000ドル÷3=370,000ドルとなる。その平均収入の50パーセントは185,000ドル(≒2200万円)となる。

③100万ドルが1人で、10000ドルが2人ならば、平均は1,020,000÷3=340,000ドル、その50パーセントは170,000ドル(≒2000万円)となる。

①の貧困率は33パーセントで②③は66パーセントとなる。極端なパターンを使用したが、収入額を1ケタ下げても2ケタ下げても貧困は理解できない。各国で生活をするための物価水準を加味しなければ比較はできないだろう。

「世界のおよそ10億人が貧困ラインの1日1ドル25セント以下で暮らしています。」というのも同じだ。

物価水準が1ドル25セント以下であれば生きることは可能であり、この手の金額での貧困比較は全く無意味だ。

格差が拡大する③のパターンでも物価水準が低ければ生活ができるし、①のパターンでも下位の収入の者が生活できる物価水準であればよい。ところが現実は各階層が大人数で構成され経済が動いているので物価水準が目まぐるしく変化する。

非常識の常識は現行経済学はシオニストのための経済学だと考えている。

一国の市場経済が飽和状態になれば、②から③の状態になる。そこで、収益を上げるために各国の市場へ進出することになる。国内的には③から②へ、②から①へと推移することになる。そして、格差拡大の姿が見えなくなる。再び経済が低迷すれば①から②となりさらに③へ移行し始める。ところが、いったん富を築いたシオニストはその富を守るために他国市場へ入りこみ再び経済活動を展開する。

シオニストの思考は自分が富を独り占めにして生きることなのである。経済競争に勝ち収入を得て上位階層にいることができればよいのである。中位、下位の階層が苦しもうが知ったことではない。楽な生活ができればよいだけなのである。だからこそ、戦争やテロを使って市場を獲得する必要があるのだ…と勝手に思っている。

シオニストは国家ではなく個人なのである。個人が国家を利用しているのだ。

シオニストの経済学で世界経済が動いているうちは戦争やテロがなくならないことだけは確かだ。


nice!(0)  トラックバック(0) 

最も愚かな人間とは、世界の変化から学ばないものである [社会]

偉大なる預言者ムハンマド


「最も愚かな人間とは、世界の変化から学ばないものである」

leader.jpg

<ハーメネイー師>


 <落書き>

まず、世界の変化を感じるかどうかが課題で、

感じたのちに学ぶことになる。

現代人は目から情報を受け入れるが、夢・幻の類が多い。

北国では雪が降りそうな天気になると「雪の匂いがする」という。

積もる雪は「シンシン」と人に気づかれないよう小さな小さな音を発して降る。

天気の変化を目で見るのではなく嗅覚・聴覚で感じるようだ。

都会に住む現代人の五感は鈍っているらしい。

預言者ムハンマドの言葉以前に五感で感じる必要があるに違いない。


nice!(0)  トラックバック(0) 

福島第一原発の排水路で放射性物質の濃度が上昇 [社会]

東京電力が、福島第一原子力発電所の排水路で放射性物質の濃度が上昇したことを示す警報が鳴ったことを明らかにしました。14638e04ab5b2fbdf50d8912dafa5ad9_L.jpg


ロシアのスプートニクによりますと、この排水路に設置された簡易測定計は、これまでの70倍の濃度を検出したということです。
東京電力によりますと、同社の調査では、貯水タンクや移送用の配管では、放射線汚染に関して異常は確認されていませんが、汚染水の海への流出を防ぐため、汚染水の移送や処理設備の運転を停止しているということです。
東京電力はまた、「汚染は現地時間の22日午前10時に確認され、そのレベルは通常の50倍から70倍だった」としています。<引用 iran Japanese Radio 2015/02/22(日曜) 21:46


<落書き>

イランの報道のTOP5として22日21時46分に配信されていたもの。

日本では朝日が22日14時11分配信、産経が22日15時57分配信、共同通信22日19時57分配信、福島民報22日19時57分配信、東京新聞22日19時57分配信、西日本新聞22日19時59分配信、毎日22日21時54分配信、読売23日00時03分配信。

日本とイランは6時間程度の時差があるので、イランは日本時間22日15時台に配信したことになる。

日本人を意識した報道とはいえ、この報道の速さに敬意を表すしかない。

地方紙はネットワーク配信より遅いのは仕方ないとしても、ひざ元の福島民報が朝日や産経より遅いのはいかがなものか。また、毎日が地方紙より遅く、読売など翌日配信である。

これが福島原発事故に対する日本の報道意識の実態なのだろうか。

速報は大事な報道であり、遅い報道は重要か否か個人の判断に委ねられる。

非常識の常識は報道がシオニストによって支配されており情報を意図的に遅延させ日本人を洗脳しようとしているのではないかと怪しんでいる。


nice!(0)  トラックバック(0)