So-net無料ブログ作成

朝鮮半島問題の政治的解決を強調する北朝鮮 [国際]

4bn13ed59b3f4ev9mj_800C450.jpg
  北朝鮮の人々

北朝鮮が、朝鮮半島の危機を終わらせるためには、軍事計画を放棄し、恒久的な平和体制を確立すべきだと強調しました。

北朝鮮は、30日土曜、2007年にこの問題に関して、韓国と合意を締結したが、双方はいまだにこれに関する成果を得ていないとしました。また、危機の解決は、緊張を拡大する要因となる現在の軍事的な構造が崩れることにより可能となるとしました。

 

4bk657e390d6d08wqj_1200C675.jpg
  朝鮮半島戦争(1950-1953)

南北朝鮮の世論は、両国間の戦争の勃発を歓迎しておらず、南北朝鮮の統一、朝鮮半島の恒久的な平和を求めています。ソ連が崩壊し、東西の陣営が崩壊したあと、南北朝鮮は、統一を果たしていないただ2つの国です。朝鮮半島危機は、最近、冷戦時代から残っている最後の危機です。明らかに、この状況の継続は、アメリカだけが望んでいるのであって、アメリカは南北朝鮮の統一に反対し、地域の安全保障問題をあおることで、朝鮮半島における安全保障上の懸念を高めています。

この地域の過去10年の動きを見ると、アメリカは南北朝鮮のあらゆる政治的合意や、日本、ロシア、中国、アメリカ、南北朝鮮の参加する6カ国協議を失敗に追い込んだことがわかります。ドイツ・ベルリン自由大学の北朝鮮問題の専門家は、次のように語っています。

「アメリカは、圧力行使という手段と約束を持ち出しているが、これまで、実際のところ約束はまったく守られているのは見られず、単に戦争を望んでいるだけだ」

4bmwbd684c5245pazo_1200C675.jpg
  北朝鮮の人々

このような状況の中、南北朝鮮は関係の拡大と、両国の対立の政治的解決という、以前の合意を実施することで、地域に安定した安全保障を確立するとともに、南北朝鮮の統一に向けた期待を高めることになるでしょう。この目標の実現は、さほど難しいと思われず、ただ、韓国がアメリカの軍事政策から距離を置く勇気ある行動と、北朝鮮との信頼醸成が必要となります。一方で、北朝鮮はミサイル計画の停止により、韓国に信頼醸成に向けた適切な回答をあたえることになるでしょう。北朝鮮問題のもう一人の専門家は、次のように語っています。

「アメリカのトランプ大統領の政策は、困惑を生じさせるものであり、核戦争をはじめ、多くの危険をもたらすことになり、これに対して予防措置を講じなければならない。」

また、シンクタンク、アメリカ進歩センターのアナリストは、次のように述べています。

「トランプ政権は北朝鮮危機に対して、内部で対立を抱えており、存在しない解決法を追求している」

これは、トランプ大統領が北朝鮮危機に関して、深刻な混乱に直面していることを意味しており、その政策は地域における危機をあおっているに過ぎません。このため、北朝鮮政府は韓国に対して、戦争をあおるアメリカの軍事政策から離れ、朝鮮半島問題の政治的な解決に向けて措置を講じるよう求めています。(引用IRIB 2017年09月30日20時30分)

***********************************************

(落書き)

北朝鮮が「平和体制を確立すべきだ」と表明した。

9月26日のIRIBの報道で北朝鮮外務省のチェ・ソンヒ北米局長率いる北朝鮮代表団がロシア政府高官と会談するため、モスクワを訪問したという。

ロシア政府は北朝鮮の重要な支援国とはいえないが、中国から見放されている以上、今般の事態についてのロシアの軍事的な支援を得られるかどうか探りを入れに行ったのだろう。

結果、ロシアは北朝鮮と米国が戦争になったとしても軍事的な支援はしないと通告したに違いない。

北朝鮮は四面楚歌であることを認識し、あわてて「平和体制を確立すべきだ」と言い出したのかもしれない。

米国がこれを事実上の「降伏」とみなし、話し合いのテーブルを用意すれば戦争は回避されるだろうが、

北朝鮮を疑い、敵対を継続すれば戦争突入となるはずだ。

少しひねくれて怪しめば、世界の目を米国トランプ大統領の資質や器量に焦点を当てトランプ大統領を心理的に揺さぶり、大統領の椅子から引きずりおろす作戦かもしれない。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog